新着情報・試合結果

オープン戦【東京経済大学】

2017年7月2日(日) 東京経済大学野球部グラウンド
14:00試合開始

リベンジ 020 000 002 | 4
東京経済 000 000 020 | 2

【投手】 中川→山本→横山
【捕手】 野部→佐藤(大)
【本塁打】久保
【二塁打】石井

---総評---
7月29日(土)に東京都代表で挑む、全国社会人クラブ野球選手権大会関東代表決定ト-ナメント迄さあ後1ヶ月。
浅古監督のゲキで始まったこの試合。桜井ヘッドコ-チから積極的な機動力野球をテ-マにと戦った本日の試合でした。

ミスも有りましたが、随所に次の塁を狙う果敢な走塁は実践出来、収穫が有りました。個々に好不調は、有りましたが、打線もランナーをスコアリングホジションに置いた場面でのクラッチ力も改善されました。特に4番に座った久保は本塁打を始め左右に鋭い当たりを連発し、左打者の石井も左投手から決勝タイムリー2点2塁打を左中間に放った事はとても良かったです。

又、この試合打順を下げた木村が、未だ未だ本来の打撃では無いものの、チ-ムバッティングで進塁打を放ったりセンタ-前にヒットし復調の兆しと意地を見せ勝利に貢献しました。

又、控えスタートのレギュラ-内村もしぶとくファ-ルで相手投手の心を砕き四球で出塁してランし、勝利に貢献しました。

相手の投手はショ-トイニングで次々に左右ヂグザグに交代と成り、大会前に多種多様な打席を経験出来た事も収穫のひとつです。

一方我が投手陣は、久々にマスクをかぶった野部捕手のリ-ドも冴えに冴え先発の中川が相変わらずの安定感でチ-ムにリズムを与え、故障から復帰の山本が復調して投げられたのが何よりの収穫です。
又横山も相変わらずのポーカ-ペースでのらりくらりと相手を翻弄し、安定感をアピ-ルし、ゲームを無事に締めくくりました。

最後に、嬉しい悲鳴でも有りますが、試合後出番を準備していた浅古投手が出番無く残念な表情をうかべていたのが印象的な試合でした。

001.jpg

002.jpg

 

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください